タウンプレスよみうり|トップページ
タウンプレスよみうり

読売センター幸手が隔週で発行している地域ミニコミ紙「タウンプレスよみうり」の内容をご紹介

サイトマップ・個人情報取扱いについて
  • トップ
  • 友達の輪
  • タウンプレスとは
  • タウンプレス最新号
  • 会社案内
  • 特集号
  • 学校新聞
  • タウンナビ
  •  
  • 読売新聞

友達の輪555号(2018年8月5日発行)
斉藤長吉商店5代目 斉藤 邦寿さんへ

猛暑の夏と台風の夏といった印象ですが、読者の皆様には夏バテに注意されお過ごしのことと思います。夏後半のご予定等企画されている事と思いますが、事故等に充分注意して楽しい夏をお過ごし下さい。本日の友達の輪はパーソナルトレーナーの深作靖子さんからご紹介いただいた斉藤邦寿さんに登場いただきます。斉藤さんはお豆腐屋さんの5代目です。

友達の輪写真

【本紙】 お店の歴史をお聞かせ願えますか?。

【斉藤】 私で5代目になります。初代の名前は記録がないのですぐに分かりませんが、2代目が京乃助、3代目が祖父の長吉、4代目が父の幸之助になります。斉藤長吉商店という店の名前になったのは昭和28年です。それ以前は個人店だったようで昭和28年に合名会社として登記したそうです。その登記を見ると資本金50万円となっており当時の50万円ですから、相当な金額だったかと思います。初代と2代目が豆腐だけで、登記した3代目から米も扱うようになりました。最初の頃は農家から米を預かって、それを精米することを生業としていました。それからしばらくして、精米したものを売るようになっていったのです。当時は米を売るには登録が必要でした。戦後まもなくの頃には「ヤミ米」という言葉がありましたように、農家は精米したものを売ってもいいのですが、それ以外の人が売ると犯罪でした。ヤミ米は主に玄米で出回っていましたが、中には精米して売る人もいたみたいです。米穀配給通帳というものがありまして、どこそこで米を買えるというものを行政が発行していたんです。初期は米販売は許可制だったんですが、しばらくしてその許可がなくなると、販売競争が始まりました。

続きを見る


チケットプラザチケットプラザ

HP、折込チラシ格安で作成します
HP、折込チラシの作成は
お任せください。


発行者 株式会社 髙 読
所在地 本店:YC幸 手
〒340-0151
埼玉県幸手市緑台1-79-40
TEL 0480-42-0755
FAX 0480-43-5891

支店:YC幸手東
〒340-0113 
埼玉県幸手市幸手2072-2
TEL 0480-42-1340 
FAX 0480-44-1237

支店:YC幸手西
〒340-0116 
埼玉県幸手市西1-16-32
TEL 0480-43-6100
FAX 0480-43-6390 
事業内容 新聞・週刊誌・書籍・その他商品の販売
設 立 昭和40年10月